今日は一日、雨降り模様のそうですね。

気温は昨日よりも5度以上低く、

17度までしか上がらないようです。

寒暖の差が大きくなっていますので、

ご来店の際は体調などお気を付けになさって下さい。

 

さて、乃木坂にある国立新美術館では、10月2日から12月16日まで

「カルティエ 時の結晶」展が開催されています。

「カルティエ」の展覧会は1989年以降、世界各国で33回開催されて

きました。日本では10年ぶり4回目の開催となります。

過去、多くの展覧会は、メゾンの歴史を振り返る内容でしたが、

今回は1970代以降の新しい作品にフォーカスするという初の試みになりま

す。

アンティークジュエリーなどはスイスのカルティエコレクションが所蔵して

いますが、近年の作品はほとんどが顧客の所有となっていて、展示さ

れる約300点のうち、ほぼ半分は個人所蔵の作品ということです。

 

本展では「時間」を軸に、

「色と素材のトランスフォーメーション」

「フォルムとデザイン」

「ユニヴァーサルな好奇心」

という3つの視点から展示を構成。

会場は現代美術家・杉本博司と建築家・榊田倫之が設立した

建築設計事務所「新素材研究所」が担当。

大谷石や屋久杉、神代ケヤキといった素材を用いた会場も

見どころの一つです。

 

芸術の秋、普段決してお目にかかることの出来ない

貴重な「カルティエ」ジュエリー、

その美しさを体験するのも面白いかもしれません。


開催概要

会期 2019年10月2日~12月16日

会場 国立新美術館 企画展示室2F

住所 東京都港区六本木7-22-2

電話 03-5777-8600

時間 10:00~18:00(金・土20:00まで)入場は閉館30分前まで

休館 火曜日

料金 一般1600円/大学生1200円/高校性800円/中学生以下無料


それでは本日も東京の下町、墨田区両国より
頑張ってまいりたいと思います。

両国、錦糸町、江東区のブランドバッグ、ジュエリー、時計、カメラ、楽器の質預かり(ご融資)、買取り、ブランド買取りは、フクシマ質店を是非ご利用下さい。

バッグはルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル、グッチ、プラダ、ミュウミュウ、セリーヌ、ボッテガ・ヴェネタ、フェラガモ、クロエ、コーチ、マイケルコース、他

時計はロレックス、オメガ、タグ・ホイヤー、パテック・フィリップ、ブレゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ピアジェ、オーデマ・ピゲ、フランク・ミュラー、ゼニス、IWC、オリス、ハミルトン、ユンハンスなど海外ブランドから、セイコー、シチズン、カシオなどの国産や、その他。

ジュエリーはカルティエ、ティファニー、ブルガリ、シャネル、ハリー・ウィンストン、ヴァンクリーフ&アーペル、ショパール、ダミアー二、ミキモト、ポンテヴェキオ、ヴァンドーム、他

カメラはニコン、キャノン、オリンパス、パナソニック、ソニー、ペンタックス、ライカ、コシナといったボディからレンズまで。

楽器はエレキギター、セミアコースティッギター(セミアコ)、フルアコースティックギター(フルアコ)、サックス、トロンボーン、クラリネット、フルートなど、その他、楽器も対応しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

ご来店、お待ち致しております。