今日は時折り晴れてはいますが、大気の状態が不安定なのだそうです。

雷や激しい雨が降ることもあるそうですので、ご来店の際は

お気を付けになさって下さい。

 

さて7月も終盤に差し掛かり、

明日25日には梅雨明けの可能性もあるそうです、いよいよ夏本番ですね。

そして夏の風物詩、「隅田川花火大会」が、当店のある墨田区とお隣、台東

区の間を流れる隅田川で今週末の7月27日(土)に行われます。

 

こちらの花火大会、例年テレビで放送されていますので、ご存じの方も多い

のではないでしょうか。

会場は2ヵ所あり、第一会場は桜橋下流~言問橋上流、第2会場は駒形橋下流

~厩橋上流。

第一会場では花火コンクールが行われ、両国花火ゆかりの業者と国内の代表

的な花火大会において優秀な成績をおさめた業者で競われます。

第二会場ではスターマインや創作花火が見どころ。

開始は午後7時から。約一時間半の間に約2万発もの花火が夜空を彩ります。

 

この花火大会、その歴史は古く。

かつては「両国の川開き」と呼ばれていました。

江戸時代享保17年(1732)の大飢餓で多くの餓死者が出て、さらに疫病が流行。

8代将軍吉宗は、翌18年(1733)5月28日(旧暦)、犠牲となった人々の慰

霊と悪病退散を祈り、隅田川で水神祭を行いました。この時、両国橋周辺の

料理屋が花火を上げたことが「両国の川開き」の由来だといいます。

そして「両国の川開き」は数度の中断を繰り返しながら、

昭和53年(1978)に「隅田川花火大会」として名称を変えて復活し、以降

毎年行われています。

 

たくさんの人が来場する隅田川花火大会、大変な混雑が予想されますが、

それも含めて夏の風物詩ですね。

 

それでは本日も東京の下町、墨田区両国より
頑張ってまいりたいと思います。

両国、錦糸町、江東区のブランドバッグ、ジュエリー、時計、カメラ、楽器の質預かり(ご融資)、買取り、ブランド買取りは、フクシマ質店を是非ご利用下さい。

バッグはルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル、グッチ、プラダ、ミュウミュウ、セリーヌ、ボッテガ・ヴェネタ、フェラガモ、クロエ、コーチ、マイケルコース、他

時計はロレックス、オメガ、タグ・ホイヤー、パテック・フィリップ、ブレゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ピアジェ、オーデマ・ピゲ、フランク・ミュラー、ゼニス、IWC、オリス、ハミルトン、ユンハンスなど海外ブランドから、セイコー、シチズン、カシオなどの国産や、その他。

ジュエリーはカルティエ、ティファニー、ブルガリ、シャネル、ハリー・ウィンストン、ヴァンクリーフ&アーペル、ショパール、ダミアー二、ミキモト、ポンテヴェキオ、ヴァンドーム、他

カメラはニコン、キャノン、オリンパス、パナソニック、ソニー、ペンタックス、ライカ、コシナといったボディからレンズまで。

楽器はエレキギター、セミアコースティッギター(セミアコ)、フルアコースティックギター(フルアコ)、サックス、トロンボーン、クラリネット、フルートなど、その他、楽器も対応しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

ご来店、お待ち致しております。